www.radioblogplayhits.pw

雑誌の広告、スポーツ新聞紙、電柱に張り付けられたビラやダイレクトメールなどで、「多重債務の片付けします」「多重負債をまとめませんか」という宣伝を見ることがよくあります。これらは、「整理人」「買取人」「紹介者」という俗称の会社の広告のときが存在します。こういったものを使ったケースでは自己破産の流れの中で一番重要な免責承認をもらえない可能性もありえます。「整頓業者」はDMなどで負債者を引きつけ、すさまじい依頼料を受け取って借金整理を行うのですが実際は整頓は行われず、依頼者は負債地獄に陥ってしまう結末がすべてと言えます。「買取業者」の場合当人のクレジットカードで、家電、新幹線のチケットなどを山ほど購入させそれらの品を売値の1割あるいは額面半額で買い上げるという手法を使っています。負債人は短期には金がもらえますがいつかクレジット業者による購入品の完全な支払い要求がくることになり、現実には負債額を悪化させる結末になります。カード業者に対しての犯罪ということになって免責許可を手に入れられません。「つなぎ業者」の場合は、金融業者から断られる借金人について、直接的な貸出はしないでおいて、融通を可能である別な業者を知らせて、手数料を請求する企業です。つなぎ業者は直接の経由で融資可能になったというようにしゃべりますが現実には何もしていなくて、ただ単にルールのゆるめのルートを伝えているだけです。このケースも借金額を拡大させる結果に終わります。
Copyright © 1999 www.radioblogplayhits.pw All Rights Reserved.